相撲【Sumo】

Sumo is one of the oldest sports in the world, dating back to the middle of the Yayoi Era, 2,000 years ago! Today, it is easily classified as the national sport of Japan. Sumo is almost completely a spectator sport, and the professional wrestlers become internationally famous and popular.

相撲は人類最古のスポーツの一つです。その歴史は今から2000年前、弥生時代中期にさかのぼります。日本の国技と言えば、だれでも相撲を真っ先に思い浮かべます。今日、相撲の人気はたいへんなもので、力士たちは世界的に知られています。

In the past, I have really liked wrestlers like the legendary Taiho, Kita no Umi, and Chiyo no Fuji. Their fights were very exciting and popular. These days, the young wrestlers are gaining in popularity, and more and more young ladies are watching the tournaments.

過去に私は、今や伝説的存在となった大鵬や、北の海、千代の富士といった力士の熱烈なファンでした。彼らの取組は、観る者を興奮させとても人気がありました。近ごろでは若手力士の台頭により、大勢の若い女性が相撲観戦に訪れて活況を呈しています。

To most western eyes, Sumo is seemingly boring, but I have stood outside of a TV shop, watching Sumo, side by side with unknown Japanese gentlemen. We have become friends by commenting on the ability of each wrestler, watching their actions as they prepare for the bout, and seeing how they perform.

多くの西洋人の目には、相撲は退屈なものにしか映りませんが、私には相撲観戦を通じて友人を作ったという経験があります。電器店の店頭に置いてあるテレビで見知らぬ一人の日本人男性と相撲中継を見ながら、私たち二人は登場してくる力士の力量や取組前の仕切りの表情、取り口などについてあれこれ言い合い、とても楽しい一時を過ごすことができました。

It is really exciting, and many foreigners are finding more and more to like about these bouts. Over the ring is a roof of Shinto architecture (Yakata), which first served as a protection from the weather and was supported by four pillars. After the bouts moved inside, the roof stayed, but the pillars were replaced by steel cables to hold it up. Where the pillars had been, we can now see four tassels which represent the seasons. Black is for winter; green is for spring; red is for summer; and white is for autumn.

そして今、相撲人気は外国人の間でもにわかに高まっています。土俵のはるか上には、「館」と呼ばれる神道造りの屋根があります。本来は悪天候から力士を守るためのもので、4本の柱で支えられていました。後に相撲が屋内で行われるようになると、屋根は残りましたが柱は撤去され、代わりに鉄製のケーブルで屋根を天井から吊るすようになりました。柱があった場所には、現在四季を表す飾りの房が見られます。緑は春、赤は夏、白は秋、黒は冬をそれぞれ表します。

To judge the matches, there is a man carrying a war fan, and dressed in the ancient way, in kimono. Around the ring are other judges called “Shimpan.” If they doubt the ring judge’s decision, they call for a mono ii (ring-center discussion), where they all discuss the match and make their final selection of the winner. Everything in Sumo is symbolic of something. The square ring edge is made of 28 straw bundles, sunk in the sand. The center ring is made of 20 other bundles and is 4.55 meters in diameter. There are two white lines in the center of the ring that are 1.2 meters apart and about 90 centimenters long. These lines are the points at which the wrestlers face each other and build their spirit and strategy. Only their feet are allowed to touch the ground. The first wrestler to touch the ground, or be pushed out of the ring, loses.

勝敗の決定は、古代の装束に身を包み、軍配を手に持った行司が行います。さらに、土俵周辺には「審判」が座り、行司の判定に不服がある場合は、「物言い」をつけ最終的な判断を下します。相撲においては、すべてが何かを象徴しています。四角い土俵は28のわらの束で縁取られており、束は砂の中に埋まっています。土俵の中には20の束で形作った直径4.55メートルの円があります。土俵中央には、約90センチの白い2本の線が1.2メートル間隔で引かれています。力士たちは取組の前にこの線に手をつき、お互いににらみ合って戦意を高揚させ、相手の出方を探ります。相撲で地面に触れることが許される体の部分は足だけです。最初にそれ以外の部分が地面に付いたり、土俵の外に押し出された方が負けです。

The belt or sash, is usually made of silk for the higher-ranked wrestlers. While lower ranks wear dark blue cotton, the higher ranks can use any color. Some belts cost thousands of dollars! A string apron hangs from the belt and it always has an odd number of strings made of silk, twisted and starched. This belt signifies the straw Shimenawa in front of shrines and dispels evil.

位が上の力士は、絹でできたまわしを身に着け、低い位の力士たちは綿の紺のまわしを着けます。上位の力士たちは自分の好きな色のまわしを着けることができ、中には何十万円もするものもあります。まわしからは、絹をねじって糊付けした前掛けのような紐が何本も垂れ下がっています。そしてこの数は常に奇数と決まっています。これは、神社にあるしめ縄を表し厄払いのためのものです。

Salt purifies the ring and stamping on the ground chases away evil spirits. Obviously, Sumo is a religious sport related to interesting Shamanistic, and Shinto customs. The hair style is the Oichomage (Ginkgo leaf knot) during tournaments. The wrestlers we are most interested in are those in the Makuuchi division which has only 38 wrestlers. This division is further broken down into the Maegashira (senior wrestler), Komusubi (champion third-class), Sekiwake (champion second-class), Ozeki (champion) and Yokozuna (grand champion).

取組の前に塩をまいて土俵を清めたり、しこを踏むのも同じ理由によるものです。相撲はシャーマニズム、神道の色彩を強く帯びたスポーツです。場所中、力士たちは大銀杏まげを結います。最も人気のある位は「幕内」で、ここに所属できるのはわずか38人の力士だけです。幕内にはさらに、「前頭」、「小結」、「関脇」、「大関」、「横綱」の段階があります。

All ranks are based on ability and numbers of wins per tournament. Only the Yokozuna can not be demoted, but they must maintain a high level of wins, or retire. There are about 700 wrestlers in all the Sumo grades.

相撲は実力だけがものを言う世界です。横綱だけはいくら負けてもその地位から陥落することはありませんが、常に勝つことを義務付けられており、それができなければ引退しか道はありません。現在、相撲界には約700人の力士がいます。

adsense 関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告