サメ(その3)【SHARK III】

This is a legend that is very interesting because anyone can go to the exact spot it happened. Long ago, a shark fell in love with the beautiful Princess Tamahime, who lived in the village of Ai. In order to get nearer the Princess, the shark swam up the great Hino River. The princess hated the thought of a shark coming to her, so she filled the river with huge rocks. When the shark came to the rocks, it could go no farther, of course.

今サメ(その3)回紹介する伝説は、たいへん興味をそそるお話です。というのは、だれでもこの物語の舞台となった場所を訪れることができるからです。 昔々、一匹のサメが、阿井に住む美しい玉姫に恋をしました。サメは、姫に少しでも近づきたいと斐伊川を上っていきましたが、サメが近づいてくるなど考えただけでも嫌な姫は、大きな岩で川をふさいでしまいました。そのため、サメは岩から先へ行くことができなくなってしまいました。

Thereafter it stayed at the foot of the mountain, where the river was blocked, yearning for her. Since that time that spot was called, “Shitai Yama.” This means, “Yearning Hill.” The meaning of “shitai” has long been lost to the language of Japan, but the Yearning Hill got a new name later on. Now it is called, “Oni no Shita Burui.” This means “Ogre’s tongue shaking.” The last name is not nearly as romantic as the first one, but it is a violent place sometimes.

その後、サメは山のふもとの岩でふさがれた川の中で、姫を恋慕いながら過ごしたということです。 それ以来、その場所は「巒山(したいやま)」と呼ばれるようになりました。しかし、いつしか「慕う」という意味が失われて、現在では「鬼の舌震い」という名で呼ばれています。この名前は、最初の名前ほどロマンチックではありませんが、確かにこの場所はときおり荒れることがあります。 サメが登場する物語は数多くあります。

There are many shark stories and the Izumo people must have been troubled by them. Even today, sharks can be seen in the Sea of Japan, off the coast of the Izumo District. Some killing must have taken place and the Goddess of Kaga was thought to be responsible. All gods are not good! It is said that fishermen make loud noises when they pass the divine cape of Kaga, shouting or striking the sides of their boats to drive off the curse of the Goddess of Kaga and protect the passengers. Listen to the folk stories. They are interesting!

出雲の人々はサメに悩まされたに違いありません。今でも、出雲地方の沖合の日本海にはサメが出没します。中には生命を奪われた人もいたことと思います。人々はそれを加賀に住む女神の仕業だと考えました。すべての神が善良とは限らないのです。今も加賀の漁民たちは、女神の宿る岬を通るとき、女神の呪いを追い払い、船の客を守るために、大声を上げたり船べりをたたいたりするということです。民話に耳を傾けてみてください。おもしろいですよ。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする