菓子博【Cake Festival】

The 21st All-Japan Cake Festival will be held in and around the Municipal Gymnasium, starting on the 23rd of April. The festival will last until the 14th of May. This is the first National Cake Festival that has ever been held with the cooperation, advice and assistance of the Municipal Government. It is also the first festival that has been held in a city as small as Matsue.

第21回全国菓子博覧会が、4月23日〜5月14日までの日程で松江市立体育館、およびその周辺で開催されます。この博覧会が、市からの多大な協力、助言、後援の下開かれるのは今回が初めてのことです。松江市のような小都市で開催されるのもこれまで例のなかったことです。

The grounds are covered with tents of brilliant colors and the roads are new. The river is newly lined with nice banks which would be lovely for picnics. A very pleasant place to go. If you see me there, don’t forget to say “Hi”.

会場には鮮やかな色のテントが設置され、道路も新しくなりました。川岸にはピクニックをするのにもってこいの河川敷が新しく作られました。行ってみると気持ちがいいと思います。もしそこで私を見かけたら軽く声をかけてください。

We all hope it will be a great success. It is supposed, by festival managers, that around 500,000 people will come to see it. There will be over 70 Japanese exhibitors and six from foreign countries. Those are all from Europe and are Switzerland, Austria, Belgium, West Germany, Spain and France. From Japan, cakes will be brought from everywhere, even Okinawa. Thirty-three people will come from Hokkaido. There will be 329 booths with displays.

だれもがこの催しが大成功のうちに終わることを願っています。菓子博の事務局ではおよそ50万人の人出を予想しています。 国内から70を超える業者、海外からは六つの国の参加が見こまれています。スイス、オーストリア、ベルギー、西ドイツ、スペイン、フランスと、すべてヨーロッパの国です。沖縄を含む日本全国各地のお菓子が出品され、北海道からは33名が参加します。329の展示ブースが出ることになっています。

This festival is held about every four years and always in different places, of course. Over 60,000 packages of cakes have been shipped to this festival from all over the country. Shimane cake makers are limited to only four items each so there will be room for the other companies to exhibit their products. All cake makers in Japan are participating in some way. At the exhibit, there will be shows, playgrounds, displays of equipment, a sound circus, TSK exhibit and other entertainment besides the cake shows.

この博覧会は4年に1度開催され、開催地は毎回異なります。会場には全国各地から6万点以上のお菓子がやってきます。島根県内の菓子業者が出品できるのは、1業者当たり4品目までと決まっているため、県外の企業も商品を展示するスペースがあります。日本中の菓子業者が何らかの形で参加します。 お菓子の展示のほかにもショーや遊戯場を始め、機器の展示、音のサーカス、TSKによる展示、またそのほかの催し物も行われます。

There will be more than 100 artistic cake designs for us to see. They are almost unbelievable. Delicate, original and expertly made. Some of them took over two years to design and produce. The one I saw, while preparing this article, was of the HORAN-ENYA, made by my friend and adviser, Mr. Mamoru Naito of the FURYU DO cake company. He kindly took some of his time to tell me about the festival and I thank him.

見て楽しめる工芸菓子も100点以上展示される予定です。こうした繊細かつ独創的な職人芸には、ほとんど信じがたいものがあります。中にはデザインから完成までに2年以上が費やされた作品もあります。このエッセイのため取材に訪れた際には、私の友人であり相談相手でもある風流堂の内藤まもるさんの手によるホーランエンヤにちなんだ作品を拝見しました。彼はわざわざ時間を作ってこの博覧会についてお話してくださいました。感謝いたします。



adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする