サメ(その2)【SHARK II】

In the Izumo no Kuni Fudoki is a cape called Himesaki. This cape is located in the Yasuki Community, as listed in the Izumo no Kuni Fudoki. The story is of a man named, Imaro of the Katari no Omi (reciter clan-head). His daughter was strolling along the cape, when she was attacked and killed by a shark. This happened on the thirteenth day of the seventh month of the third year of the reign of the Emperor Temmu (674). The girl’s body was found and buried on the shore of Himesaki. The father was grieving deeply and was very sad and confused.

「出雲国風土記」には、毘売埼(ひめさき)という名前の岬が出てきます。風土記によれば、これは安来集落にありました。 物語の主人公は、語り部の長である語臣猪麻呂(カタリノオミイマロ)です。彼の娘が岬を散策していたところ、サメに襲われて殺されてしまいました。天武天皇の治世2年目(674年)の第7の月の13日のことでした。 娘の亡骸は毘売埼の海岸に埋葬されました。猪麻呂は嘆き悲しみ、気も狂わんばかりでした。

After several days, he prayed to the 15,000,000 gods of heaven, the 15,000,000 earthly gods, the gods of the 399 shrines in the land and all the deities of the sea. He asked them to help him get revenge on the shark that had killed his daughter and thus let him know his daughter’s spirit had become a god. Thereafter, he sharpened his halberd and arrows, selected a good spot to attack the shark from and waited. Soon one hundred sharks came leading the guilty shark and surrounding him. Imaro stabbed the shark with his halberd and executed it. Then the other sharks swam away. This halberd sounds much like a harpoon to me even though I know the exact shape of a halberd.

数日後、猪麻呂は1500万の天の神、1500万の地の神、地上にある399社の神社の神、そしてすべての海の精に祈りました。娘を殺したサメに復讐するための力を貸し、そして娘の魂が神になったことを示してほしいと頼みました。 猪麻呂は砥いだ矛(ほこ)と矢を手に、サメを仕留めるのに良い場所を選んでサメを待ちました。まもなく100匹ものサメが、娘を殺したサメを引き連れてやってくると、そのサメを取り囲みました。猪麻呂はサメを矛で刺し殺しました。すると、他のサメは泳ぎ去ってしまいました。 私は矛の形をよく知っていますが、猪麻呂が使用したという矛は、むしろ銛(もり)に近かったのではないかと思います。

This story sounds exactly like a story told by the Malaysian people. They have a master of sharks and when a man is attacked by a shark, the shark master calls the guilty shark to be punished. Shark stories are Oceanic legends, leading us to Izumo’s origin.

マレーシアにも、この話とまったく同じような話があります。サメの長老がいて、人間を襲ったサメを呼び出して罰したという話です。 サメの話は大洋にまたがる伝説であり、私たちを出雲の国の起源へと導いてくれます。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする