自転車【Bicycles】

I have heard that bicycles were invented in Europe. It is in Asia, however, that we find the bicycle used most. They are used by everyone! In Japan we find bicycles as the greatest danger to their riders, pedestrians and vehicles of all kinds. Bicycles dash out of small streets, run red lights at all intersections, demand the right of way over all other moving things, ride two or three abreast in the roads without a care for the trouble and danger they cause other drivers or walking people. Mothers ride with two or even three children with them. They risk their, lives as well as their children’s lives by doing so.

自転車発祥の地はヨーロッパだそうですが、最も普及している地域はアジアです。あらゆるところで自転車を目にします。日本では自転車が、それに乗る本人にとっても、歩行者やほかのすべての乗り物にとっても最も危険な存在となっています。路地から飛び出してきたり、交差点の赤信号を無視したり、通行人や車がいるにもかかわらず我が物顔で通行するためです。2列、3列に広がっては、車や歩行者に迷惑をかけたり危険な目に合わせていますが、彼らは気にも止めていません。子供と一緒に三人乗り、中には四人乗りをしているお母さんもいます。このような乗り方は、自分の生命だけでなく我が子の命までも危険にさらします。

Are there no laws for bicycles? I know some people obey some laws, but you can see violations at every corner signal, stop sign and parking place. Where do the riders learn these violations?? Most of them learn from their mothers and fathers. Sometimes they even learn from their teachers and grandparents who fail to observe any law for bicycles.

自転車を規制する法律はないのでしょうか。法律を遵守している人もいるものの、交差点での信号無視、一時停止の無視、駐車違反を至る所で目にします。どうしてこのような違反が起きるようになったのでしょう。多くの場合、彼らは両親を手本にしているのです。ときには、先生や自転車に関する法律を守らない老人さえもお手本にしています。

Riding a bicycle is a balancing act which should be in the circus and not out in the streets where people can be injured and killed by a slight mistake. I once saw a boy and his bike fall right in front of a car and the only thing that saved his life was the driver’s frantic stop in which his child was injured. The bicycle rider laughed!!! Running red lights seems to be normal for most drivers. It makes no difference if it is a car or bicycle. We need some kind of road law to prevent people from killing themselves and others.

自転車に乗ることは綱渡りと同じです。綱渡りはサーカスでやるものであって、わずかなミスが人を傷つけたり死亡させることにつながりかねない路上ですることではありません。私は一度、自転車に乗った男の子が車の目の前で転倒するのを見たことがあります。ドライバーが自分の子供にけがを負わせるほど必死の急ブレーキをかけたおかげで、男の子は無事でした。しかしそのとき、この男の子はなんと笑っていたのです。 信号無視は、自転車に乗るほとんどの人たちにとって当たり前のことのようです。自分自身の生命、そして他人の生命を奪うことのないよう、自転車、車の区別なく規制することのできる何らかの交通法規が必要なのです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする