茶の歴史【The History of Tea】

The history of tea goes back to 729 and the introduction of Buddhism to Japan, but it didn’t become popular with the people until this century.

お茶は729年、中国から仏教の伝来と共に日本に渡って来ました。しかし、一般に普及する様になったのは今世紀に入ってからのことです。

Maybe this was due to the fact that it had to be imported from China and the price was probably too high for most of the commoners. In addition to that, it was used in religious ceremonies, and therefore restricted for the use of certain classes of people, such as priests and rulers.

その理由として、それまでお茶は中国から輸入していたこと、高すぎて一般の人には手が出なかったことが挙げられます。加えて、お茶は仏教の儀式でのみ用いられており、当時お茶を目にする事が出来たのは、僧侶や支配階級といった人達だけでした。

It was an imported product for over 500 years! That is the fact that surprises me more than any other. Not until 1191, did it become a culti- vated product in Japan.

お茶は何と五百年以上に渡り外国から輸入され続け、日本での栽培が始まるには、1191年まで待たなくてはなりませんでした。実に驚きです。

Even then, the preparation methods were not common knowledge, and the Japanese had to develop their own techniques.

当時の日本人は自分達独自の技術を開発しなくてはならず、日本でお茶の栽培が始まっても手探りの状態が続きました。しかし、日本の歴史を紐解いてみると、こうしたことは決して珍しくない事が分かります。

This is not an uncommon procedure for the Japanese, and even today, they take things that are pleasing or practical, and adopt them into their own culture. I think this ability is a realistic and valuable characteristic.

今日でも、日本人は外国の文化を取捨選択し、実用的なものを好みに合わせ自国の文化の中に取り込んでいます。これは日本人の持つ極めて現実的で貴重な特質なのです。

Today, tea is still a popular drink in Japan. The Way of Tea is alive and well, with many young people practicing it. I like the tea ceremony, and the mood that goes with it. How about you?

今日でも、日本の人々はお茶を愛飲し、大勢の若者が茶道に親しんでいます。私はお茶会、中でもその雰囲気が好きです。皆さんはいかがですか。

In our own part of the Sanin Area, The 7th Lord of Matsue Castle, Fumaiko Matsudaira, became a great tea master. He encouraged all the arts relating to the tea ceremony such as: ceramics, lacquerware, tea cakes, metal work, and bamboo handicraft, as well as the raising of tea itself.

松江藩7代目藩主、松平不昧公は偉大な茶人という、もう一つの顔を持っていました。彼はお茶の栽培はもちろん、漆工芸、和菓子、金属細工品、竹工芸など、お茶と結び付きのある様々な芸能を奨励しました。

It is said that he was a poor ruler, but a great tea master. His Way of Tea is still popular, and practiced by many followers. It’s a worthwhile art!

松江藩は貧しい藩でしたが、不昧公は大変優れた茶人であったと聞きます。魅力的な不昧流は現在でも多くの門下生を抱えている流派です。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする