茶の栽培【The Production of Tea】

All the tea produced in Japan is green tea and 90% of it is sencha. Sencha has an astringent flavor much loved by the Japanese. Gyokuro is a top grade tea, and tastes less astringent than the other teas.

日本で生産されるお茶は全て緑茶で、その内の90%が煎茶です。煎茶には日本人が好むアストリンジェントの味が含まれています。玉露は高級茶ですが、他のお茶と比較するとアストリンジェントの味は弱いものです。

Macha is the powdered green tea used in the tea ceremony, and bancha is low-grade tea. There are others, but the above are the most familiar. Macha, however, has been in existence since tea was first cultivated in Japan.

抹茶は茶会で用いられる粉末状の緑茶、番茶は等級の低いお茶です。他にも数多く種類がありますが、上記のお茶が主に日本では飲まれています。しかし、抹茶はお茶の栽培が日本で始まった当初から存在していました。

This happened in 1191, when seeds were brought back from China by a priest named Eisai. He planted them on temple land, and told everyone about the benefits of drinking tea. It will be interesting to note that the drinking of tea as a national beverage didn’t begin until the early part of the twentieth century!

日本における抹茶の歴史は僧・栄西が1191年、中国からお茶の種を持ち帰った時に始まります。栄西は種を寺の敷地に植え、周囲の者に茶の湯の徳を説きました。意外なことに、お茶が人々に広く飲まれる様になったのは、今世紀になってからです。

This was due to technological advances, making the mass production of green tea possible. Before that, tea for drinking had been reserved for the religious, and noble, elite.

この実現に、緑茶の大量生産を可能にした技術的進歩が果たした役割は大きく、それ以前に茶道を愛好していたのは僧侶や貴族階級のみでした。

It was not until the middle of the 18th century that the special process for making sencha was discovered. Gyokuro cultivation techniques were not developed until the middle of the 19th century. Mass production of tea at the beginning of the 20th century made it the national drink of Japan. Isn’t that really surprising information? I think so. It makes me wonder what the people drank before that time.

18世紀中頃になると、煎茶の処理する特殊な方法が生まれます。19世紀中頃には玉露栽培の技術が開発されました。そして今世紀に入り大量生産が始まると、遂にお茶の味は日本中の人達の知るところとなったのです。全く持って驚きです。それまで、日本の人々は何を飲んでいたのでしょうか。

Drinks made of grain have been popular all over the world, and it would be rather foolish to believe that the Japanese didn’t have the intelligence to create something to drink from the grains on hand.

穀物から作るお茶は世界中で愛飲されています。“日本人には穀物を原料としたお茶を開発する力が無い”などという人がいますが、全く馬鹿げた考えという他ありません。

Mugicha must have been popular for years, and it, or something similar, was probably the first national drink of Japan.

麦茶は日本の人々の間で長い歴史と根強い人気を誇っていますが、この麦茶こそ日本中の人達の喉を潤した最初の飲み物なのです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする