もんぺ【Mompe】

The Mompe is a garment that is popular among women, even today, for a convenient attire to wear to work. The material is often made of simple Kasuri – indigo-dyed thread woven into interesting patterns. The Mompe look like baggy trousers and have had several names in Japan, depending on where they were found. Some of them were: Tattsuke, Fungomi and Karu-san, but now, ‘Mompe’ seems universal.

「もんぺ」は動きやすいことから、今日でも女性の間で仕事着として広く愛用されています。素材の多くは「かすり」で、藍色に染めた糸をいろいろな模様に織ったものです。もんぺはゆったりしたズボンのような形をしており、かつては地域によって「たっつけ」、「ふんごみ」、「カルサン」など、いくつもの呼び名がありました。現在では「もんぺ」が共通して用いられているようです。

These Mompe have become popular in foreign countries such as America. My friends in Florida, wear them to work in the gardens and even going into town for shopping. It seems that they are suitable and fashionable among house-wives. They are indeed practical and as such, are imported by a few traders.

もんぺの人気は、アメリカを始め海外でも広まっています。私のフロリダの友人は、庭いじりをするとき、そして街にショッピングに出かけるときでさえ、もんぺを履いていきます。主婦にとって、もんぺは動きやすく、お洒落なものなのかもしれません。とても実用的なので、アメリカでは輸入している商社もあるほどです。

The Mompe was introduced to city people from the country, but on the other hand, the Kappogi was passed from the city to the country. This garment is a very large apron that protects the Kimono while cooking, and should be worn in the kitchen. Customs do change however, and we can often see them worn by some women while shopping in the neighborhood stores. This custom is not good, but led to making the Kappogi much more ornamental by using lace and colors.

もんぺは、田舎から都市部へと広まりましたが、「割烹着」は逆の流れをたどりました。これは大きなエプロンと考えればよいでしょう。昔は料理中の女性が着物が汚れないように、台所で着用するものでした。しかし、習慣とは変わるもので最近では、割烹着を着たまま近所の店で買い物をしている女性をよく見かけます。 このような傾向はあまり良いとは思いませんが、このため現在の割烹着はレースやさまざまな色を取り入れた、とてもファッショナブルなものになっています。

These days, they are not worn as much, but in large Tea Ceremonies, they are good for the tea preparers in the kitchen. Many farmers wives still wear them to protect their clothes from being stained. Another type of clothes using old clothes was the Jimbe, a kind of vest. It is not seen much these days in its most interesting form of being woven using old cloth. I have two of these old garments and treasure them for their proof of the frugality and practicality of the Japanese.

今では割烹着を着る人は多くありませんが、大規模な茶会ではお茶の準備をするのに適しています。農家の女性たちの多くは、服が汚れるのを防ぐために現在でも割烹着を着ます。 もう一つ、昔からの衣服として、「じんべえ」というベストに似た形のものがあります。しかし、古い布を縫い上げていくという本来の方法で作られたものは、現在ほとんど残っていません。私の手元に2着ほどありますが、昔の日本人が質素さと実用性を尊重していたことを物語るものとして、とても大切にしています。

In my country – the U.S. – we used old clothes in many ways, too, and finding the same customs in this country shows us that all people are about the same when it comes to recycling their old clothes. Use everything by recycling.

私の国、アメリカでもさまざまな形で古い服を活用していますが、日本に来て同じ慣習に出会いました。国によっていろいろな違いはあっても、古くなった衣服をリサイクルするという点では共通しているようです。できる限り多くのものをリサイクルしていきたいものです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする