盆の行事【Obon Festival】

This season is one of the biggest holiday seasons of the year. Around the 13th of August, the Japanese celebrate the return of the sprits of their ancestors. This festival is celebrated at other times in other places. Here, it is held near the middle of August. This is the holiday season in Japan because most of the people have to travel back to their home towns to give honor to their ancestors. A wonderful custom!

この季節は、一年の中で最も長い休暇期間の一つに当たります。8月13日が来ると、日本の人々は一年に一度霊界から戻ってくる祖先の霊をお迎えします。地方によっては他の時期にこの風習を祝うところもありますが、山陰では8月中旬に行われます。お盆が休暇になっているのは、先祖を迎えるべく日本中の人達が古里目指して民族の大移動を始めるためです。素晴らしい習慣ではありませんか!。

On the 16th of August, the spirits are supposed to return to the Country of the Spirits. At that time the TORO NAGASHI Festival is held and thousands of paper lanterns in tiny boats are released on Lake Shinji. This takes place at night and the little lights gently moving with the current and wind, make a most lovely pattern and beautiful flickering reflections in the water. Won’t you come to see it with me? I think it’s really impressive.

8月16日には、祖先を見送るためのお祭り灯篭流しが宍道湖で催され、提灯を載せた無数の小さな船が水上に放たれます。水の流れや風に遊ばれながら、夜の湖を静かに流れる小さな光の群れは、ゆらめきながらその姿を水面に映し出し美しい模様を描きます。一緒に行きませんか?。きっと感動されるはずです。

Many Japanese are Christian, Buddhist, Shintoist, etc, but the religious holidays are almost all Buddhist. In America, there are over 100 religions. All kinds are practiced there. It is truly a country where religious worship is free!

日本人の多くは、神道、仏教、キリスト教のいずれかを信仰していますが、宗教に関連した休日の多くは仏教に纏わるものです。アメリカには百を超える宗教が存在しますが、禁止されているものなどありません。アメリカは信仰の自由が保障されている国なのです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする