日本におけるシャーマニズム【Shamanism in Japan】

Shamanism is a religion that started long before any of the current religions. It has been seen in every country in the world, in some form or other – America, Africa, among the Eskimos, in Europe and Asia, everywhere! In fact, the definition of a Shaman is taken from that given in Siberia! A Shaman is rigorously trained, and his spirit is supposed to have been snatched from his body and sent to both heaven and hell. His experiences in those places give him the ability to help the community in which he lives. He has many skills, including healing, exorcism, prophesy, medicine man, mouthpiece of the gods, and a guide to the afterlife. He, or she, is said to be immune to heat or cold, burning coals or arctic ice alike.

シャーマニズムは、現存するどの宗教よりはるかに長い歴史を有し、現在でもアメリカ、アフリカ、エスキモー、ヨーロッパ、アジアなど全世界でさまざまな形で続いています。事実、シャーマニズムの定義はシベリアにその起源があります。 シャーマンは厳しい訓練を重ね、その魂を肉体から引き離して、極楽と地獄の両方に送ると言われます。この経験を通して、シャーマンは病の治療、厄払い、予言、呪術的な手段で病気の治療を行う人、口寄せ、死後の世界の案内人など、現世を救うために必要な力を身に着けるのです。彼らは、燃え盛る炎の中の石炭や極寒の中の氷など、熱さにも寒さにも耐えることができます。

A Shaman can be either male or female. It is only within the last fifty years that Japan has recognized that Shamanism is present in its own religions. Only in the last thirty years has it been identified and analyzed. The sources are from four streams of immigrants – two southern streams from Polynesia, Melanesia or Southern China, and two from Asia (Tungusic, Ural and the Altaic Mountains). I will talk more about these theories in later articles.

シャーマンには男女両方います。 シャーマニズムの思想が日本の宗教の中にも存在していることが認識されるようになったのは、わずか50年前のことです。そして、その研究の歴史はここ30年ほどです。日本におけるシャーマニズムの起源は、四つの大きな移民集団にあります。そのうちの二つはポリネシア、メラネシア、あるいは中国南部で、残る二つはアジア(ツングース族、ウラル-アルタイ山脈地方)から来たと言われます。このことについては、別の機会に書きたいと思います。

Today, we have the Miko, or medium, who can speak for a dead person. We also have the Gyoja and Yamabushi, who can speak for a god, exorcise evil, heal and experience out-of-body travel. Today, healing and exorcism are their most common activities. Isn’t it interesting what strange, old ways have affected our religious, political, and social life?

私たちの国には、死者の声を代弁する「巫女」あるいは霊媒がいます。また、神の声を伝えたり、厄払い、病の治療、幽体離脱をする「行者」や「山伏」がいます。今日では主に病の治療と厄払いを行っています。 これほど古く、不思議な習慣が、現在でも宗教、政治、日常生活に影響を及ぼしているとはなんとも興味をそそられる話です。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする