手紙、そして別れ【Letters and Losses】

This is the season to write the answers to Xmas cards. I have received them from: France, Thailand, Hawaii, all over Japan and America. I never realize how many friends I have until the letters start coming in at this time of year. I also do not know how many of the friends I have who are still with us and have not passed into the next world–like my beloved mother.

もらったクリスマスカードに返事を書く季節です。フランス、タイ、ハワイ、日本全国、そしてアメリカといった場所からカードが届きました。この時期になり、手紙が送られてくるようになると、自分にどれくらいの友人がいるのかがわかります。また、どれくらいの友人が元気でやっているのか、私の最愛の母のようにこの世にもういない友人がどれくらいいるか、知ることはできません。

In the Xmas season, I pin all the cards I get, on the wall in the living room. It takes a lot of space. There was no card from my mother this year, so an empty spot was on the wall, as well as in my heart. Many other people had the same experience, I’m sure, and I am sorry for them. There is a saying that, “Time cures all ills”. I suppose this is true. There is also a saying that, “Pain leaves no memory”. I am not so sure about that one!

クリスマスになると私は送られてきたカードをリビングの壁に貼ります。かなりの場所を取りますが、今年は母からのカードがありませんので壁には私の心と同じようにぽっかりと穴が開いています。きっと同じような経験をお持ちの方がたくさんいらっしゃることと思います。悲しいことです。「時間が良薬」ということわざがありますが、その通りです。また、事実かどうか定かではありませんが「苦痛は忘れる」ということわざもあります。

These are lonely times for my house, and many others, I suppose. Children away taking tests for colleges, etc. My daughter is going to go to school in Tokyo. Then my house will be emptier by one more member. In two more years, only my wife and I will be left. Some people say that then parents are free to do as they have always wanted to do. My personal feeling is, that I want the whole family together, forever. Just like in the old days. I know it can’t happen, but, I WISH for it. All we can do is hope and pray that our children will be successful and happy in their lives, and remember their parents who love them very, very, much.

わが家は寂しくなりました。子供たちが大学受験などで家を離れているのです。そうしたご家庭は多いと思います。私の娘は東京の学校に進学することになっています。また一人家を出て行くのです。あと2年もすると、わが家は私と妻だけになります。これまでやりたかったことが自由にできていいじゃないかという人もいますが、私としてはいつまでも昔のように家族全員で一緒に暮らしたいのです。無理であることは承知していますが、やはりそれが願いなのです。 親にできるのは、子供たちが成功を収め幸福な人生を送ってくれることを願うだけです。そして、君たちのことを心から愛している私たちのことを覚えておいてほしいのです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする