おもちゃと鳥取【Toys and Tottori】

Toys!! Through out man’s history, toys have been very important to the mental and physical development of children, and often, adults. For adults, it will be a more expensive toy, like a set of golf clubs, a yacht, or a sports car. They are still toys. Children need less costly things.

おもちゃ!おもちゃは人類の歴史を通じ子供、ときには大人にとっても、精神そして身体の発展にたいへん重要なものであり続けました。大人のおもちゃといえば、ゴルフのクラブセットやヨット、スポーツカーといったより高価なものがありますが、子供たちにはもっと安価なものが必要です。

Little girls play “house” with dolls and little buildings. Boys like guns, plane models and other warlike things. That is man’s life–girls for the home and boys for the fighting. Fortunately, with the progress of civilization, we, in the more developed countries, have fewer wars.

女の子は人形やおもちゃの家でおままごとをしますし、男の子はピストルや模型飛行機、それに戦闘的なものが好きです。女の子には家庭、男の子には戦、これが人間性というものです。幸いなことに文明の進歩とともに、先進国では戦争は随分と減りました。

In Japan, children learn about swords and guns from toys. They play games like “samurai and ninja” just like American children play “cowboys and indians”. It seems that boys can’t get away from the art of fighting.

日本の子供たちは、おもちゃを通じて刀や銃について学びます。アメリカの子供たちがカウボーイとインディアンごっこをするように、日本では侍と忍者ごっこをして遊びます。どうやら男の子は戦術ごっこから離れられないようですね。

Let’s look on the bright side. From July 29th (Saturday) until August 20th (Sunday), 1989, there will be an International Toy Festival in Tottori City. Over 50 countries, from all over the world, will take part in it. Countries from America, Asia, Africa, Europe, etc. will be there. The theme will be “A Century of Toys” and the symbol is a figure that looks like a rabbit, but is a robot. So, it is named “ROBBIT”. I have no trouble understanding that.

肯定的な側面から見てみましょう。今年7月29日(土曜日)から8月20日(日曜日)までの間、鳥取市で国際おもちゃ博が開催されます。全世界からアメリカ、アジア、アフリカ、ヨーロッパなど50を超す国々が参加します。テーマは「おもちゃの世紀」で、ウサギ(ラビット)に見えても実はロボットという「ロビット」と名付けられたキャラクターがシンボルですが、これを理解するのは簡単です。

This festival will give us all a chance to see toys of other countries made over the last hundred years. I look forward to seeing the ones from China and India. I have a special interest in those countries.

このおもちゃ博は過去100間にわたって作られてきたさまざまな国のおもちゃを見る良い機会です。私は中国とインドのおもちゃを見るのをたいへん楽しみにしています。この二つの国には特別な関心があるのです。

The Toy Festival we can see will include a toy hospital, a toy museum, toy quizzes, toy landscapes, toy theater, handicraft items, etc. Special events include a concert using instruments that we have never seen before. You will probably never see any of the instruments in a regular orchestra either. That should also be very interesting–Space age music.

おもちゃ博には、おもちゃの病院、博物館、おもちゃに関するクイズ、風景劇場、手工芸品などもあります。 またスペシャルイベントには、私たちがこれまで見たこともないような楽器によるコンサートもあります。通常のオーケストラでもまず見ることのできない楽器です。宇宙時代の音楽もまたおもしろいことと思います。

The festival will be held in and around Miho Park in the city of Tottori. If you go, perhaps it would be best to go by train since the roads will be very crowded and parking will be extremely difficult. Anyway, we should try to go and make the “Century of Toys” as successful as the Matsue Cake Festival was. Let’s go!! And if you see me there, say, “Hi”.

おもちゃ博は鳥取市の美保公園周辺が会場となりますが、お出掛けの際には、道路がたいへん混雑し車を駐車するのは困難だと思います。列車を利用するのがベストでしょう。ともあれ、「おもちゃの世紀」が松江菓子博と同様成功するようみんなで出掛けましょう。私を見掛けたら「こんにちは」と声をかけてください。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする