英語スピーチコンテスト【English speech contest】

On the 15th of November, I was one of six judges of a speech contest at Matsue Technical College. It is a fine school and this contest was the third they have held. The speakers did very fine jobs.

十一月15日、私は松江高専であったスピーチコンテストの六人の審査員の一人でした。なかなかいい学校で、このコンテストは三回目でした。出場者は大変にいい出来でした。でもだれもが優勝できるわけはなく、また審査員にとっても、優勝者を決めるのは大変なことでした。

The girl who won the first place in the free speech section spoke with a nearly perfect accent. Her English speech was also without error. Very good! I wish all English students would be as eager to learn as she and the other speakers were. They were so sincere. The speakers were all from some kind of technical school or college. They all tried so hard that I felt sorry for the so-called “losers”.

自由スピーチ部門で優勝した女の子はほとんど完全に近いアクセントで話しました。また間違いもありませんでした。上出来です。英語を勉強しているみんなが,彼女やその他の出場者のように,勉強に熱心であってほしいと思います。みんな懸命なんですよ。出場者は高専とか短大からでした。全員一生懸命でしたので,いわゆる”敗者”には気の毒に感じたほどです。

I sincerely wanted to tell them that it is not who wins or loses, but how hard you try! I really hope that those young people enjoyed the contest as much as I did. All in all, it was a very interesting contest and I hope I can judge them again next year. It is always very satisfying for me to see how the parents support their children in school–financially and spiritually. They spend a lot of money on the young people and it is a very rare case where we can see the money wasted.

彼らに心から言ってやりたかったことは,問題は勝ち負けではなくて,どれだけ一生懸命にやったかということです。あの青年たちが私と同じようにコンテストを楽しんでくれたことと願っています。何もかもとっても楽しいコンテストで,来年も審査できたらいいな,と期待しています。私が親ごさんたちが、経済的あるいは精神的に,学生生活を送る子供たちを支えているといつも大変満足いたします。親はたくさんなお金を子供たちのために使いますが,それが無駄になっているケースはめったにありません。

Almost all of the students I know are very eager and sincere in studying a subject as difficult as English. There should be some way to take them to the United States. There, they could learn English in the native way and enjoy themselves at the same time.Parents should think about sending their fine young people to America if the chance arises. It is one chance in a lifetime and should not be missed.

私の知っているほとんどの学生は英語のような難しい専攻を学ぶのに熱心でまじめです。彼らをアメリカにやる何かの方法があってもいいと思います。そこで彼らはその他のやりかたで英語を勉強できるし,同時に楽しむこともできるのです。もし機会があれば,すてきな青年たちをアメリカにやることを考えてみられたら。人生でめったにないことですから,見逃すべきではありません。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする