海外へ【Going abroad】

I received wonderful news the other day, the 5th of January, 1988. One of my first students is going to the United States as the manager of the only, completely new factory Hitachi Metals has constructed in that country. He is very, very happy. So am I. His children are going to college there and his wife is also excited about the move. He will live in the U.S. for the rest of his career with Hitachi Metals Co. Then he plans to retire right in the States, and in the South, where it is warm. Smart Fellow!

1988年1月5日、私の元にすばらしい知らせが届きました。最初の教え子の一人が、このたび日立金属初のアメリカ工場の長として渡米することになったのです。彼はとても幸せそうです。私も同じ気持ちです。彼のお子さんたちはアメリカの大学へ行くことになります。彼の奥さんもまた、今回の決定に胸躍らせています。彼は定年までアメリカの日立金属に勤務し、その後の生活を温暖なアメリカ南部で過ごすつもりです。かしこいやつです。

He began studying English with me 23 years ago and has been one of my best friends. This is just one example of how valuable English is to businessmen, students and everyone who works for an international company or who has foreign visitors. Japan is such a small country and has so many people that they must go abroad to work and live. Their children must go to schools there. If they stay long enough, they may become citizens of that country. Even if they decide to return to Japan, they will be full of foreign customs and habits that they will not be able to adapt to their home country again.

彼は23年前、私について英語を勉強し始めました。以来私の親友の一人です。今回の出来事は、ビジネスマンや学生、国際企業で働く人々、および外国からの訪問客がある人たちにとって英語がいかに有用であるかを示す一例です。日本は狭い国土に多くの人口を抱えているため、人々は海外で働いたり生活していく必要があるのです。そうなれば子供たちも現地の学校に通わなくてはなりません。長期の滞在ともなればその国の市民権を得ることも考えられます。帰国するにしても、外国の習慣や風習が身に付いており、祖国に再び適応するのは不可能でしょう。

In fact, their home countries will be those in which they were raised. This may sound like a terrible prospect for the future for many of the Japanese, but it isn’t so bad. Think of America which had no white people in it 500 years ago!

事実、そうした人たちにとっての祖国とは、自分が育った国を指すのだと思います。こんな風に言うと、多くの日本人の未来はたいへん暗いものであるかのように聞こえるかもしれませんが、実際はそれほど深刻ではありません。白人のまだいなかった500年前のアメリカを思い浮かべてみてください。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする