竜【ryu】

A is a gigantic imaginary beast that resembles a snake. It has four legs with sharp claws and two horns, and it can fly. Ryu usually live in the water, and they sometimes fly into the heavens to cause clouds, rain, and thunder. The word is translated into English as dragon, but the dragon imagined by Western people is quite different from the that is imagined by Asian people. The dragon symbolizes evil in Christian countries whereas the symbolizes happiness in China.

想像上の動物で、巨大な体は蛇(へび)に似ている。鋭い爪のある4本の足と2本の角を持ち、自由に空を飛び回る。普段は水中に住み、時々空に上って雲・雨・雷を起こすと言われている。は「ドラゴン」と訳されるが、欧米人がドラゴンに対して抱くイメージと東洋人がに対して抱くイメージはまったく異なる。キリスト教では、ドラゴンは悪のシンボルとされているが、中国でははめでたい動物とされている。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする