土用【DOYO】

In addition to the 12 animals and the five elements, which began in China, we also have special periods of time . This gives us four seasons, plus another season of four special periods called, Doyo, which separate the regular seasons. . The ancient Chinese said that the five elements (gogyo) controlled the seasons. Fire controlled summer, wood-spring, metal-autumn and water-winter. This left soil, which they said controlled the four Doyo. The exact time of the beginning of each Doyo was fixed according to the sun longitude:

中国で生まれた十二支と五行の他もう一つ、われわれに四季を与えさらにそれを区別する役割を果たす、「土用」と呼ばれる年に4回やってくる特別な時期があります。 古代の中国人は、五行が四季を支配すると言いました。火は夏を、木は春を、金は秋を、 そして水が冬を支配したのです。そして、残った土は四つの土用を支配するとされたのです。

Spring-27°, summer-117°, autumn-207° and winter-297°. 90° separated each season from the next. Each Doyo is 18 or 19 days long and comes at the end of each season. These days, we think only of the summer Doyo, but the others are still there.

春の土用は27°、夏は-117°、秋の土用は-207°冬は297°という具合に、各土用の始まる日は太陽の経度によって厳密に決まっています。次にやってくる季節と90°ずつずれているのです。土用はそれぞれ18、または19日間で、季節の終わりにやってきます。近ごろでは、夏の土用しか思い浮かびませんが、他の土用も健在なのです。

Farmers used the Doyo for deciding when to plant crops and, strange as it seems, the Doyo are based on science. The spring Doyo begins on April 17th (18 days); the summer on July 20th (19 days); autumn on October 20th (18 days); and winter on January 18th (19 days). So, what we have is a four-season year with the seasons separated by 18 or 19 day periods.

農民たちは作物の作付け時期を決めるのに土用を利用していました。奇妙に思われるかもしれませんが、土用は科学に基づいているのです。春の土用は4月17日(18日間)夏の土用は7月20日 (19日間)秋は10月20日(18日間)、そして冬の土用は1月18日 (19日間)にそれぞれ始まります。こうして、各季節が18日または19日間の期間で区切られた、四つの季節から成る1年となったのです。

During the very hot Summer Doyo (dog days), people eat eels on “cow’s day” to keep in good health. The weather on the third day of this season (doyo-saburo) also determines the quantity of the rice crop in the coming harvest. Sometimes there are two “dog days” in the summer Doyo because there are 12 animals and the summer Doyo lasts for 19 days. Each animal also has its day, so the cow-day can come twice in the 19 day period of the summer Doyo. Clothes drying season (doyo-boshi) is at this time, too.

とても暑い夏の土用(盛夏の候)の丑の日、人々は健康のためにうなぎを食べます。また、夏の土用の3日目(土用三郎)は、来たるべき収獲の時期の米の出来を決定します。十二支との兼ね合い、さらに夏の土用は19日間であることから、盛夏の候が2回ある年が時折あります。十二支の動物たちにも、それぞれの日が割り当てられているため、19日間ある夏の土用では、丑の日が2回来るのです。土用干しもこの時期にあります。

In this season, rolling waves (doyo-nami) are also seen on the coast of Japan. >From these names and days in each season, we can see the value of the lunar calendar and the Doyo to the farmer. The customs date back into the ancient past, probably beginning with the very early farmers and springing from their experience with weather and its effect on crops.

また、日本海沿岸では土用波が観測されます。 こうした各土用における名前や日から、太陽暦と土用が農民たちにとって持つ意義を知ることができます。この慣習の起源は古代にまでさかのぼります。おそらく、農業が誕生して間もないころ彼らの天候に関する体験と農作物をめぐる努力から生まれたものと思われます。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする