帽子【Head Coverings】

It seems that humans began to use some form of head covering as soon as they came to realize that the sun was too hot, or the rain uncomfortable. In Japan, it was the same. Probably the first hats in Japan were made of rush leaves to cover a large area and called Kasa from Kazasu – hold up. Bamboo and straw were also used. Later, cloth came to be used with cotton, hemp, wool and silk being popular.

強すぎる太陽の光や雨から身を守るため、頭に覆いをかぶるようになったのが帽子の始まりのようです。日本も例外ではありません。日本における最初の帽子は、イグサで作ったつばの広いもので、「かざす」という言葉が転じて「笠(かさ)」と呼ばれるようになったと思われます。竹やわらで作った笠もありました。やがて、素材には綿、麻、羊毛、絹が一般的に使われるようになりました。

Some of the coverings were called: Tsunokakushi, made of silk gauze and worn by brides to show a trusting wife by covering the horns of jealousy which were supposed to be obvious in wives. Tenugui, worn by many people in the old days for hats by workers and others; for wrapping becoming the Fukusa, carrying, to be the oh, and gifts. The towels given as gifts today are a result of the Tenugui.

覆いのいくつかを紹介すると、角隠しと呼ばれる花嫁がかぶる絹でできた薄織があります。花嫁ならだれでも持っているとされた嫉妬の角を隠し、夫を信頼する証として着用しました。手ぬぐいは、昔、労働者やその他の大勢の人々に帽子として利用されました。物を包んだり、持ち運んだり、進物にかけたりして使うときはふくさになります。現在、タオルを贈答品として贈る習慣は手ぬぐいの名残です。

The Hachimaki, a kind of cotton head cloth worn by people to indicate that they are going to exert great effort in doing something, like studying; The Sentobo, worn during wartime, called combat caps were also a very common type of cover for the head. Of course, steel hats were made for warriors and leather for common soldiers to wear, but in ancient times when samurai wore the chon-mage and ladies wore huge hair styles, hats became unpopular.

さらに、日本人は勉学などで気合いを入れなくてはならない場面では、鉢巻きという帯状のものを頭に締めます。また、戦争中には戦闘帽が頭部を守るために使用されました。戦国時代には、武将たちは兜をかぶり、足軽たちは革製の帽子を着用していました。しかし、侍がまげを結い、女性が日本髪を結うようになると、人々は帽子をあまりかぶらなくなりました。

After the Meiji Restoration, however, western hats gained great popularity, even being worn with the kimono. One of these hats was the derby, a round hat with a brim, that was seen everywhere a few years ago. I saw thousands of them when I first came to Japan about 35 years ago. Today, we almost never see them. Times do change and customs change with them.

明治維新後、西洋の帽子が大流行しました。着物と一緒にかぶる人もいたほどです。その一つに山高帽という、つばのある丸い形の帽子がありました。数年前まではよく見かけました。私が初めて日本に来た35年前にはとても多くの人がこの山高帽をかぶっていましたが、今ではめったに見かけません。時代が変わると習慣も変わっていくものです。

What is very interesting is that in the United States, animal skins were used for a long time. Even the tall hats worn by great gentlemen were made of beaver skins. Of course, hunters wore beaver-skin hats too, but they looked like beavers and were not neat. These top hats were fashionable then, and still are for very formal occasions. Do you remember Japan’s hats?

アメリカの帽子は、長い間動物の皮を使用して作ってきたという点で、非常にユニークだと思います。立派な紳士がかぶる高い帽子もビーバーの皮で作られています。 もちろん、狩師もビーバーの皮で作った帽子をかぶっていましたが、まるでビーバーの剥製のようで、洗練されているとは言い難いものでした。当時、シルクハットはとてもファッショナブルなもので、今なお公式な場面で着用されています。皆さんは日本の帽子についてどれぐらいご存じですか。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする