松竹梅-竹【Sho-chiku-bai – Bamboo】

The lovely bamboo waving in the winds has a beauty that can not be related in words. Waves of brilliance, bowing and bending in unseen airs, give movement to the landscape. Its strength is proven by the fact that few of them break, even in storms. Strength and flexibility are strong points of this attractive grass. It grows faster than any plants around it.

風にそよぐ竹の美しさは、言葉に表せないほどです。風に揺れて光り、景色に躍動感を与えます。竹はとても丈夫で、たとえ強風にあおられても倒れたり折れたりすることはありません。丈夫さとしなやかなさのみならず、他のどの植物より早く成長することも、この植物の大きな特長です。

The bright green waves fascinate the eye of the viewer, but it has other virtues. The bamboo shoots are eaten as a vegetable, by almost everyone, and in many ways, often in rice. This delicacy is regarded as a messenger of spring and our part of Japan has much of it. It is one of nature’s blessings to the people of the world.

緑色に輝く波のような竹林は、見る者を魅了してやみません。一方で、竹は食材としても用いられます。たけのこを使った料理は数多くありますが、たけのこを入れたご飯が最も好まれるようです。この料理が食卓に並ぶと、人々は春の訪れを感じます。たけのこご飯は、この地方でも好んで食べられます。竹は自然から人間への贈り物です。

That is not the end of the bamboo’s usefulness. It is used to make baskets of all kinds; holiday decorations, especially for the New Year; netsuke – an old, cultural item, the carving of which is a dying art; tobacco and pipe cases; brushes for writing; canes and fishing poles; bamboo formed part of the old house building technology – walls covered with mud and plaster; items for the tea ceremony; for nails and cooking; the Japanese flutes; and a host of other uses. Even the tough roots were used and the plant is naturally beautiful.

竹の利用は、これだけにとどまりません。各種の籠、祭りや特に正月用の飾り、今はほとんど見かけられなくなった根付けと呼ばれる彫刻が施された工芸品、煙草やキセルのケース、筆、杖、釣竿、さらに日本家屋の泥としっくいで覆われた壁にも竹は使用されます。抹茶の道具、くぎや調理の道具、尺八、その他多くのものに用いられています。また、頑丈な根も利用され、そのままでも十分美しさを堪能することができます。

Bamboo skin is used for many purposes, even today, but we have no more space to describe a plant that equals the palm tree in its value to humans. The panda eats it, and when bamboo blooms, it dies, and the panda does, too. This is not a frequent occurrence, luckily for the panda! Many kinds of bamboo in Japan, never bloom. It was considered bad luck in the old days for bamboo to bloom, but lucky to have it growing to the north of a burial spot.

竹の皮についても述べたいのですが、あまりに利用方法が多すぎて、ここで紹介するには紙面が足りません。椰子の木と同じほど、人間にとって貴重であることだけ紹介しておきます。 竹はパンダの主食としても有名ですが、竹に花が咲くと竹は枯れ、パンダも死んでしまいます。しかし、パンダにとって朗報なのは、これはめったに起こることではないということです。日本の竹の大半は花を咲かせません。その昔、竹に花が咲くのは不吉な現象とされましたが、墓地の北側に育つと良いことがあるということです。

America has bamboo, but not large, nor eaten, and the value is only for fishing poles like Ebisu Sama used at Mihonoseki. Being used in many festivals and for making garden ornaments, the bamboo is both a pleasure and a treasure.

アメリカにも竹はありますが、日本のものほど大きくありませんし、食材として用いることもありません。美保関の恵比寿様のように釣竿に使うぐらいです。 祭りや庭園の装飾品に使用されて日本人の生活に彩りを添えてくれる竹は、私たちにとって、大きな喜びを与えてくれる宝物なのです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする