日本におけるアニミズム【Animism in Japan】

Animism is a strong belief in a spiritual life in natural objects, natural phenomena, and even in the universe. In Animism, these spirits are supposed to have an effect on human beings. Soon we will talk about Shamanism, and you may wonder why I chose these subjects. It is because I want to investigate the past of Japan in reference to ancient religions and gods. Since the prehistoric ages, hunters and gatherers believed very strongly in such spirits.

自然界、自然現象、そして宇宙にさえ魂が宿り、そうした魂が人間に影響を及ぼすとする思想、それがアニミズムです。次回はシャーマニズムについても書くつもりです。私がこのようなテーマを選ぶのを不思議に思われるかもしれませんが、日本における古代の宗教や神について、私は強い関心を持っています。有史以前から、狩猟民や採集民族は自然界に魂が宿ると強く信じていました。

In Japan, Mi, Chi, and Tama, were kinds of natural gods. Those names indicate that Animism was an ancient religion in this country. It can even be found in recent history. Ancient history in the Kojiki and Manyoshu (8th century), state that there was a Sun God, a Moon God, a Mountain God and a Sea God. The Moon God’s name was Tsukiyomi, which is the name of Susanoo’s brother. He was born after their father, Izanagi, escaped from “The Land of the Dead.” If the word Mikoto, or Kami, were attached to the name, the god was a very important one indeed. I have not included them, to save space. For instance, Amaterasu Omikami, Okuninushi no Mikoto, Susanoo no Mikoto, etc. These gods and goddesses were thought to have control over all natural and human actions.

太古の日本では、「ミ」、「チ」、「タマ」を自然神として信仰しました。こうした言葉はアニミズムが古代の日本における主要な宗教であったことを示し、それは近世の歴史の中にさえ見られます。8世紀に編纂された古事記、万葉集には、太陽の神、月の神、山の神、海の神に関する記述があります。月の神は、スサノオの兄弟でツキヨミと呼ばれました。彼は、父親のイザナギが黄泉の国から逃げ出した後に誕生しました。アマテラスオオミカミ、オオクニヌシノミコト、スサノオノミコトというように、ミコトやカミという言葉が名前の後ろに付いている神は、非常に高い地位にありました。しかし、このエッセイでは、スペースの関係で省略しています。こうした神々は、自然界での出来事や人間の行いをすべて支配していると考えられました。

All of them are called Yao-Yorozu no Kami, or “the Eight Million Gods.” Stories of these gods, showing their origin and geneology in relation to the Emperor, were collected from the Fudoki’s, and used to unify the nation. These Animistic beliefs and their association with Shamanism, gradually developed into Shintoism, and even today, those beliefs still reflect the close relationship of the Japanese to all of nature.

「八百万の神」という言葉からもわかるように、日本には800万もの神がいるとされました。そして、全国各地の風土記に収められた、皇室の起源や系譜へとつながっていく神々にまつわる物語は、日本の国を統一するために活用されました。アニミズムの思想はシャーマニズムと融合し、やがて神道へと発展していきます。そしてこの思想は今日でも、日本人と自然との密接な関係の中に息づいています。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする