出雲の国と大和【Izumo no Kuni and Yamato】

Izumo no Kuni was once a strong and powerful kingdom, which extended from around the area of Toyama and the Noto Peninsula, to parts of northern Kyushu, according to an old legend. This was probably due to their strength and religious power. This power is most practically shown by legends concerning Queen Himiko of Yamatai, and our own Okuninushi no Mikoto.

古代の伝説によると、出雲の国はかつて富山、能登半島のあたりから九州北部の一部まで広がる強大な王国であったということです。これは、彼らの力と宗教的権力よるものであったと思われます。実際にこのことが最も顕著に表われるのは、邪馬台国の女王・卑弥呼と大国主命についての伝説においてです。

Later on, this great empire fragmented, due to a lack of communication and leadership after the departure of Susanoo. Parts of it may have been the beginning of the Empire of Japan, and this is also according to ledends that are in the Kojiki, the oldest Japanese book. The final leaders of the country were in constant combat with the other rulers, and conquered most of them, but they badly needed the strength of Izumo no Kuni to complete the work of making their country complete.

後に須佐之男がこの世を去ると、話し合いと指導力の欠如からこの偉大な王国も崩壊するに至ります。日本最古の書物である古事記には、この中の一部が日本の王国の起源だった可能性を指摘する記述が見られます。絶えずほかの国の指導者たちと戦をしていたこの国の最後の長(おさ)たちは大半を支配するに至りますが、自分たちの国を完成させるうえで出雲の国の力がどうしても必要でした。

To get Izumo’s agreement to join the Yamato Kingdom, the Yamato Emperor sent four delegations to arrange it. The first three groups joined Izumo and Okuninushi! Only the last was successful, and the agreement cost the Yamato people a huge palace in the Izumo Area, where the Great Lord could be properly worshipped. That shrine is Izumo Taisha!

出雲から大和の王国への統合の同意を取りつけるべく、大和の皇帝は四人の使節団を調停のために遣わしますが、最初の三人は出雲と大国主の側についてしまいます。最後の一人がうまく話をつけ、大和は偉大な指導者がその地位にふさわしい崇拝を受けられる壮大な宮殿を出雲地方に建てることに同意します。そして、その神社こそ出雲大社だったのです。

This shows the power of the Izumo Kingdom in those days, was before Shinto began, and Shamanism was in power. It is said that both Susanoo, and Okuninushi, were Shamen! According to one legend, Ninigi no Mikoto was not sent to rule Japan until Izumo had agreed to join the Yamato nation. In the legends, the ruler of the Yamato Area, was respectful of Izumo no Kuni, and this respect is carried over, even to the present day.

このことは、当時の出雲の国の強さを示しています。そのころはまだ神道が生まれておらずシャーマニズムが優勢でした。須佐之男、大国主双方ともシャーマンだったといわれています。伝説によると、大和地方の支配者は出雲の国に敬意を抱いていたとされています。そして、それは今日までも受け継がれているのです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする