越と出雲の国【Koshi and Izumo no Kuni】

The old stories tell us of the friendship between Koshi and Izumo. The Kojiki does not make much of it, but this is due to political problems. Koshi and Izumo being friends is borne out by the marriage of Onamuchi (Okuninushi) to the Princess Nunakawa, who became his second wife. His son by his first wife, the Princess Yakami, went to live on the Cape of Miho, and his easy name was Ebisu.

古代の物語は、出雲の国が高志(こし)と友好関係にあったことを教えてくれます。古事記ではそのことがあまり重要視されていませんが、その原因は政治的問題にありました。出雲と高志の親善は、奴奈川姫が大己貴(おおなむち、大国主の別名)の2番目の妻になったことに始まります。大国主と彼の最初の妻・矢上姫との間に生まれた息子・通称恵比寿は美保の岬に行って暮らしました。

This “second wife” term must not be given too much importance, since Onamuchi (Okuninushi [Daikoku]) married many times. The first two were the most romantic. I’ve written of them before, the Princess Yakami of Inaba (now Tottori), and the Princess Suseri, a supposed daughter of the legendary Susanoo, the ruler of the “Land of Darkness.”

この「2番目の妻」という言葉はさして重要ではありません。大己貴は幾度となく婚姻を繰り返したのですから。以前にも述べたように、因幡の国(現在の鳥取県)の矢上姫と「夜食国(よるのおすくに)」の支配者・須佐之男の娘であったと考えられる須勢理姫(すせりひめ)との間で執り行われた最初の2度の婚姻が、最もロマンティックなものでした。

The friendship of Izumo and Koshi is further proven by other stories, one of which tells of a great reservoir, constructed in the time of Izanami by workers from Koshi, who lived in a town called, “Koshi,” while here. This reservoir was made on the Hibuchi River, now called the Huchishi River. This places Izumo and Koshi on very friendly terms, and the Kojiki must not be used to prove what the leaders of Yamato wanted the world to believe about them, since it was narrated by the rulers themselves. The ancient stories that we should probably really believe, came down to us through prayers and chants, which were long used by Shamanism before it became Shinto.

出雲と高志が友好的な関係にあったことはほかの物語でも証明されています。その一つに、伊耶那美の時代に高志の国からこの地にやってきた職人たちが「コシ」という名の町に滞在しながら、巨大なため池を作った、というお話があります。このため池は、ヒブチという川に作られました。現在ではフチシ川と呼ばれています。 これを機に出雲と高志の関係はたいへん良好なものになっていきます。古事記が支配者たちによって語られたものであるからといって、それが自分たちを世界に向けて喧伝するための道具として彼らに利用されるようなことがあってはなりません。われわれがおそらく真に信じるべきであろうと思われる古代の物語群は、神道がまだシャーマニズムだったころながきに渡り用いられた祈祷や経典を通して伝えられました。

The art of iron-working began here with the Tatara furnace, imported from China, and improved for use in Japan! The discovery of pure iron sand aided in the development of the industry. This iron sand is still being used by Yasugi Special Steels of Yasugi City. In addition to that, the only active Tatara furnaces are found in the towns of Yokota and Yoshida, of the area around Matsue and Izumo.

製鉄技術はこの地で、たたらという元々中国から輸入した技術を日本向けに改良してできたかまどを用いた製法の下で始まります。純度の高い砂鉄が発見され製鉄業の発展に貢献しました。この砂鉄は現在でも安来市で安来特殊鋼で使用されています。また、現在たたらは、横田町と吉田町、松江、出雲地方周辺のみで操業しています。

Okuninushi was supposed to have introduced iron to the Izumo Area. This date must be discussed however, because iron came here much earlier. We might consider that different, and new technology, may have been Okuninushi’s contribution.

鉄を出雲に持ってきたのは大国主であったといわれています。しかし、鉄が実際にやってきた時期はもっと早いため、この説については議論の余地があります。これまでとは異なる新しい技術は大国主によるところが大きいのかもしれません。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする