神話-その始まり【The Myths–The Beginning】

Today, we mention the gods who started it all. Facts are really non-existent, so we must go by what is written in the variety of books which mention this subject.

今回は、森羅万象を生み出した神々について述べたいと思います。しかし、こうしたことは事実ではないため、彼らについて述べられているさまざまな文献を当たらなくてはなりません。

Similar to the bible, the opening of the “Kojiki,” the oldest book in Japan, says, “In the beginning, there was chaos.” Those words are not exactly the same, but are very similar.

聖書同様、日本最古の書物・古事記も「最初に混沌が存在した」という内容で始まります。言葉はやや異なるものの、互いにとてもよく似ています。

Long, long ago, there was a mass of something that had no name, or shape. Three gods appeared, and separated Heaven from Earth, which became like an oily liquid. Two other gods came and started reproducing themselves. They were not, however, human. They looked like reeds. Then six generations of gods appeared, and populated Heaven. These gods lived for a very long time. That is as the story goes. Finally, the most important gods for us, the 7th generation, appeared.

遠い遠い昔、名前も形もないある塊が存在しました。三人の神が現れ天と大地を引き離すと、それは油のような液体に姿を変えました。そこへ二人の神が現れ、子孫を産み始めましたが、生まれてきたのは人間ではなくアシのようなものでした。そして、六つの世代の神々が現れ、極楽で長い間暮らしました。以上が物語の大まかな内容です。 そして遂に、われわれにとって最も大切な7代目の神々が姿を現します。

These gods were in the shape of humans, and they were told to go and create the land and gods. They were Izanagi, the Male Who Invites, and Izanami, the Female Who Invites. This was the beginning of the myths of Japan!

彼らは人間の姿をしており、土地と神々を創造するという使命と共にやってきたのでした。実は、彼らこそいざなう男の神・伊耶那岐といざなう女神・伊耶那美であったのであり、そしてこれこそが日本神話の始まりだったのです。

The other heavenly gods gave them a beautiful, jewelled halberd. With it, they went to the High Bridge of Heaven, and reached down to the oily mass of Earth. They stirred the liquid making a sound like, “ono-goro-ono-goro!” When they lifted the halberd from the mass, drops fell from the point and formed a piece of land. They called this land, “Onogoro Island.” This part of the myths of Japan is almost completely fictional and romanticized.

二人はほかの神々たちから受け取った宝石をはめ込んだ美しい矛を手に天の浮橋に行き、油のような大地にたどり着きました。 二人は、「オノゴロ、オノゴロ」といった音を立てながらそれをかきまぜていきます。彼らが矛を塊から引き上げるといくつかの滴が矛の先端から落ち、それが小さな島になりました。二人はその島を「おのごろ島」と名づけました。 日本神話の中でもこの部分は空想で描かれた完全な想像です。

Perhaps some roots of the story were taken from actual happenings and carried on through ancient folk stories and legends. These legends are fun!

もしかしたら、この物語の根底にあるのは史実であり、それが民話や伝説という形で伝えられたのかもしれません。こうした伝説は実に楽しいものです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする