田植え地蔵【The Ta Ue Jizo】

There are many stories of the great god, Jizo. Here is one of them. They all show the carefree heart of the Japanese, and their association with religion and nature. I will tell one more for you.

偉大なお地蔵さまに関する物語は数多く存在しますが、ここにも一つあります。こうした物語のすべてから日本人の屈託のない心情と宗教や自然とのつながりを見ることができます。皆さんにもう一つお話しましょう。

In the old days, it was the custom to share labor, and to perform labor as a form of tax. This was not voluntary, but compulsory. The story is: Once upon a time, near the Grand Shrine of Taisha, an old couple lived who worshipped a wooden statue of Jizo. Sadly, the wife died. Thereafter, the old man lived alone and he also became ill.

その昔、人々は共に働いていましたが、税という形で労働をしていました。そして、それは任意によるものではなく義務としてなされていたのです。物語はここからです。昔々、出雲大社のそばに老夫婦が暮らしていました。二人は木のお地蔵さんを敬っていましたが、不幸なことにお婆さんが亡くなってしまいます。一人で暮らしていたお爺さんもやがて病気になってしまいました。

At that same time, the village chief told everyone to come and help plant rice in his fields. The old man, too sick to go, worried about his punishment, and prayed to his family Jizo for mercy. On the day for planting the rice, the village chief called the name of each householder. When the old man’s name was called, a 17-year-old youth stepped forward.

同じころ、村の長が村人全員に自分の田んぼに来て田植えの手伝いをするように命じました。病気で行くことができず罰を受けるのではと心配になった老人は、お地蔵さんに慈悲を求めて祈ります。田植えの日となりました。村の長は各戸の家長の名を呼んでいきます。老人の名前が呼ばれたとき、年は17になる一人の少年が前に進み出ました。

He was accepted in place of the old man and worked so hard and well that the chief gave him a sake cup as a reward when the work was done. The boy put the cup on his head and went home. The next day, the chief came to tell the old man of the boy’s good work. The old man was quite surprised at this, because he knew nothing about such a boy. He felt that the boy had come because of the Jizo, and he went to him to pray. When he confronted his statue and started to pray, he noticed with amazement that there was a cup on the Jizo’s head, and that its feet were covered with mud!

老人の代わりとして認められた少年は一生懸命働いたため、長は田植えが終わった後彼に杯を褒美として授けます。少年は杯を頭の上に乗せ家路に着きました。 次の日、村の長が少年の見事な働きぶりについて話そうと老人の家を訪れました。そのような少年のことなど知らぬ老人はたいそう驚きます。お地蔵さまにお祈りしたためにその子がやってきたのだと感じた老人は、お地蔵さんの元へお祈りに向かいました。 お地蔵さんと向かい合いお祈りを始めたとき、老人は頭の上に杯を乗せ足を泥で汚したお地蔵さまに気付き仰天します。

Then he realized that his little god had done the work himself. All over Japan, there are many stories of the Ta Ue Jizo. The two that I have told you concern our own Izumo no Kuni, and I thought you might be interested in them. It is such customs and stories that have continued to hold my interest in the Izumo no Kuni of legend.

そして老人は、自分の小さなお地蔵さんが自ら田植えをしてくださったことを悟ったのです。田植え地蔵にまつわるお話は、日本全国に数多くあります。お話した二つの物語は私たちの出雲の国とかかわりのあるものです。皆さん興味を持っていただけたでしょうか。こうした習慣や物語ゆえ、私は伝説の出雲の国に対し関心を抱き続けているのです。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする