うさぎと月【Rabbits and the Moon】

We all know the story of Hakuto Kaigan, Okuninushi no Mikoto and the rabbit. It showed the kind heart of Okuninushi no Mikoto. This story also showed that the rabbit had some magical abilities. Our moon is supposed to represent the halo of Buddha and as such was called No-No-Sama. Children were told that Buddha was watching them by using the children’s words for Buddha, No-No-Sama.

白兎海岸にまつわるオオクニヌシノミコトとうさぎのお話は、だれでも知っています。この物語は、オオクニヌシノミコトが優しい心の持ち主であり、また、うさぎには何か不思議な力が備わっていたことを示しています。月はお釈迦様の後光であるとされ、「ののさま」と呼ばれました。子供たちは、お釈迦様を指す「ののさま」という幼児語を使って、お釈迦様が子供たちを見守っていると教えられました。

The moon-viewing festivals in mid-autumn are held then because the moon is thought to be most beautiful at that time. Many people relate the full moon to the rabbit. The reasoning for this relationship is unknown, but it might have begun with the custom of calling the full moon, Mochi Tsuki (Rice Cake Moon). Then, children began to think they saw a rabbit in the shape of the shadows of the craters on the moon. The idea that it was pounding Mochi (rice for rice cakes), led to this relationship. Both thoughts relate to what little children and some adults like most, rice cake eating and moon viewing.

月見の宴は秋の半ばに催されますが、それはこの時期の月が最も美しいと考えられているからです。 多くの人々が、満月からうさぎを連想します。その理由は定かではありませんが、その昔、満月を「望月(もちつき)」と呼んだことによるのかもしれません。そして子供たちは、月のクレーターによってできる影の形をうさぎと思うようになりました。うさぎがもちをつくという考え方が、この発想につながったのです。 どちらの考え方も、もちと月見という小さな子供と一部の大人が大好きなものに関係しています。

One very ancient Chinese legend says that the shadows are of a giant Katsura tree. A famous magician, Wu Kang, was punished for using his power badly by being sent to the moon to cut down the tree. Every time he cut into the tree, it immediately healed itself, so his job could never be completed.

古代中国のある伝説によると、月の影は1本の桂の巨木であるといわれています。呉剛という高名な魔術師は自分の力を悪用したので、罰としてこの桂の木を切り倒すため月に送られました。しかし、呉が桂の木に切りつけても、木はすぐ元どおりになり、彼の仕事が終わることは決してありませんでした。

In the U.S., we see the face of a man, in the moon. It is only imagination, but children like to hear the story. Adults think it is foolish to believe in “The man in the moon,” or in Japan, “The rabbit in the moon.” How about you ?

アメリカでは、月に男の顔が見えるといいます。単なる想像にすぎませんが、子供たちはこのお話を聞くのが大好きです。大人は、「月の男」や「月のうさぎ」など馬鹿げていると思うことでしょう。皆さんはいかがですか。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする