出雲文化伝承館 その二【The Izumo Cultural Heritage Museum 2】

No exhibit of culture in Japan is complete without a tea house and the Izumo Cultural Heritage Museum is no exception. It has a very lovely tea house called, Dokuraku An containing three tea rooms for us to enjoy. This tea house complements the museum perfectly.

日本文化を展示する際、茶室は決して欠かすことの出来ない要素ですが、この点については、出雲文化伝承館も例外ではありません。そこには、独楽庵という三つの部屋から成る美しい茶室があり、訪れた人達は茶の湯を楽しむことが出来ます。

The original was designed by Sen no Rikyu. It is said that Fumaiko loved the two-mat room the best, because its feeling of wabi and sabi were deepened by the size, and the mood of hermony with the host was hightened. In later life, he built rooms just like these at his residence in Tokyo.

元々は千利休の手によるこの茶室は、伝承館に非常にうまく溶け込んでいます。 その中の一つは畳わずか二畳分しかありませんが、その狭さ故、わびさびの世界がより深まり、相手との調和をより強く感じることが出来たことから、不昧公お気に入りの茶室であったといいます。晩年、不昧公は江戸の住いに、独楽庵に似せた茶室を作らせたということです。

I can’t talk enough about this magnificent museum, but there was one problem. No one knew where it was! Finally I asked an old lady. She said, “I don’t get around much and don’t know about new things.” She excitedly told her daughter about her encounter with me and her daughter told me the way very well. (Thank you very much!)

この素晴らしい伝承館については、語っても語り尽くすことは出来ませんが、ここで一つ困った問題が浮上しました。誰も伝承館が何処にあるのか知らなかったのです!。方々探しましたが見つかりません。遂に一人の老婦人に尋ねましたが、「あまり出歩かないものですから、最近の事は分かりません」とのこと。しかし、興奮した様子の母親から私と会ったことを聞いた彼女の娘さんが、道順を丁寧に教えて下さいました(どうもありがとうございました!)

When I arrived at the site, I was met by my friend, Mr. Toma, and we enjoyed talking about various things. One of them was—there should be some signs around the place, in English!! Mr. Toma is one of the most knowledgeable people I know! He told me all about the history of the museum. I have a deep interest in such things.

着くなり友人の藤間さんに会い、多くのことを語り合いながら、楽しい時間を過ごしました。その中で、「周辺に英語の案内板が必要だ。」ということで私達二人は意見の一致を見ました。 藤間さんは、私の知人の中で最も博識のある一人で、私が大変興味を持っている伝承館の歴史についてつぶさに話して下さいました。

He is really proud of the museum and the cultural history of the Izumo Area. He and I both feel that all the people should learn more about the great culture and history of their home districts. They are wonderful! Izumo will be honored by having Prince Hiro no Miya at the opening ceremony on October 6th of this year. He is supposed to be coming for a tree planting ceremony called, SHOKUJUSAI, on the 5th that month and will stay over for the opening of the museum.

彼は、伝承館と出雲地方の文化の歴史をとても誇りにしています。私達二人は、人々がもっとこの地域の偉大な文化、歴史について学んでくれたらとの思いを強くしました。それは実に素晴らしいものなのです。今年十月六日、出雲は伝承館の開館式典において皇太子殿下浩宮様ご臨席の栄に浴します。殿下は前日の五日開催される植樹祭に御出席のため来県なさいますが、伝承館開館のために翌日まで滞在なさるということです。

We should go and enjoy the beauty that this museum will offer us and, if possible, a relaxing drink of tea.

皆さんもこの伝承館の美しさを堪能してみませんか。そして、時間が許せば、どうか茶の湯でくつろいで下さい。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする