蚊取り線香(かとりせんこう)【Katori-senko】

Katori-senko is made by hardening pyrethrum, which contains a mosquito-repellent ingredient, into a flat spiral coil. It is usually burned on an unglazed porcelain dish in a room. The smoke from the katori-senko drives the mosquitoes away. It is still used by many people because the smoke has been proved to be harmless to people. Lately, however, an electric appliance which emits mosquito-repellent gas using chemicals has come into wide use and this appliance is used much more than the conventional katori-senko.

蚊取り線香は、除虫菊粉を平たい渦巻き状に固めた線香です。主に室内で使用し、素焼きの皿に置いて焚き、それによって出る煙によって蚊を駆除します。この煙は人体に無害であるため、現在でも多くの人によって利用されています。しかしながら近年では電気によって化学薬品から気体を発散させ、それによって蚊を退治する器械(電気蚊取り器)が多く利用されるようになり、蚊取り線香に取って代わる傾向にあります。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする