勤労感謝の日(11月23日)/Labor Thanksgiving Day (November 23rd)

Labor Thanksgiving Day, which falls on November 23rd, is a national holiday when Japanese people show their gratitude for each other for their labor and celebrate the year’s production. Labor Thanksgiving Day originates from a ceremony named shinjosai or niinamesai. This ceremony is held at the Imperial Court for the Emperor to offer new rice to the gods of heaven and earth. The Emperor also eats the new rice at the ceremony. This ceremony was held on the day of u in ancient times when the lunar calendar was used, and has been performed on November 23rd since 1873. The feast day for people to give their thanks for the rice production and celebrate the rice crop of the year is now Labor Thanksgiving Day. Rice is the main staple of the Japanese diet, and so the labor to produce rice can represent many different kinds of labor in Japan.

11月23日の「勤労感謝の日」は、勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う国民の祝日です。「勤労感謝の日」は、宮中儀式の一つである新嘗祭(しんじょうさい/にいなめさい)に由来します。新嘗祭は、天皇が新穀(新米)を天地の神々に供え、自らもこれを食する儀式で、古くは太陰暦による11月下旬の卯(う)の日に行われていました。明治6年(1873年)年以降は、11月23日に新嘗祭が行われるようになり、現在でもこの日に宮中で儀式が行われています。日本人の主食である米の生産に感謝し、米の収穫を祝う祭日が、現在「勤労感謝の日」として国民の祝日に指定されています。米は日本人にとって欠かすことのできない食糧であり、米を生産する労働が、あらゆる種類の勤労を象徴していると考えられます。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする