みどりの日(4月29日)【Greenery Day (April 29)】

Greenery Day is a national holiday that was instituted in 1989. The national holiday falls on April 29th. April 29th was originally the national holiday when people celebrated the birthday of the Showa. After the Showa Emperor died in January 1989, the day was newly designated as a national holiday to appreciate nature. It was named Greenery Day, which is midori-no-hi in Japanese. Greenery Day still reminds many Japanese people of the Showa Emperor. He loved nature and devoted his life to the studying of systematic botany and marine zoology. In Japan, there is a period called Golden Week that has a number of national holidays grouped together. Golden Week begins with Greenery Day and lasts until May 5th (Children’s Day). Every year, many Japanese travel during Golden Week. Therefore holiday resorts all over Japan are very crowded. There are also many people who travel abroad.

4月29日の「みどりの日」は、自然に親しむ日として1989年に制定された国民の祝日です。昭和天皇の時代には、この日が天皇誕生日として国民の祝日に指定されていました。1989年1月に昭和天皇が崩御された後、自然を愛し、植物と海洋生物の分類研究に生涯を捧げられた昭和天皇を偲んで、この日を「みどりの日」に改称し、国民の祝日とすることになりました。この日から5月5日の「子供の日」にかけては、国民の祝日が一年でもっとも集中する期間で、「ゴールデンウィーク」と呼ばれています。この大型連休を利用して、多くの人が旅行に出かけるため、日本中の行楽地が多くの人でにぎわいます。海外旅行に出かける人も大勢います。

adsense 関連コンテンツ

シェアする

フォローする